知らないと損する、決算直前の節税対策
                                               平成24年5月19日  中生涯学習センター  

 【セミナー概要】

税金に関する専門知識があまりないから、良くわからないまま今までやってきた。

今は景気が悪く、それほど儲かっていないので対策する必要はない。

すべて専門家に任せてあるから心配いらない。

この様な経営者の方が多くおられます。

 しかし、税金も会社の経営に関してみればコストの1つです。資金繰りについても、大きく影響してきます。経営に直接関係する会社の決算と、それに関する節税について、経営者の皆様が理解する事は、とても重要な事だと思います。

 今回のセミナーでは、経営者として押さえるべき重要な項目に絞って、わかりやすくお伝えさせて頂きます。

 

 【セミナー対象者】

・大きな仕事を1つ行った結果、想定外の利益が出て驚いている経営者様

・社長に節税対策を行うように指示され、どうしたら良いか分からない経理担当者様

 

 【セミナー内容】

1 会計と税務の違い

  ・会計上の経費でも、税務上は経費とならないものがあります。

  ・決算直前に取引先を接待した場合の節税効果は?

  ・接待は、年に一度の料亭より、月に一度の居酒屋へ

2 効果的な固定資産の買い方

  ・期末に新車を買っても減価償却費は72分の1だけ

  ・リサイクルの精神が会社を税金から救う

  ・固定資産の購入に伴う付随費用でも経費に落とすことが出来ます

3 正しい決算賞与の払い方

  ・要件を満たせば、決算日から1ケ月以内の従業員への賞与は大丈夫です

  ・役員賞与は節税対策で使えるのでしょうか?

  ・節税対策と資金繰りは切り離せません

 

560696_313331542080225_1224536152_n.jpg

 

 

▲このページのトップに戻る